高まる簿記需要

高まる簿記需要

学生から社会人に陥る際には、様々なことを身に付ける必要が出てきます。

 

そういった中、どういった環境においても、ことごとく身に付けたいのが「技能」ではないでしょうか。

 

技能を身に付けるということは、いわゆる「手に職を持つ」ということにひっつき、早い段階で実現させておけば、就職する上でこれ以上乏しい大きな武器として得ます。

 

技能を得ることで、仕事、そして収入、安定などを手に入れられるのです。

 

 

とはいえ、技能と一言で言っても、その種類は千差万別です。

 

資格ひとつをとっても、日本にはかなり数多くの種類があります。

 

そのため、自分がどんな技能、資格を身に付ければ良いのか、学生時代には何だか今ひとつのが実状ではないでしょうか。

 

 

その中にあって、近年激しく需要を伸ばしているのが「簿記」です。

 

簿記は、経営活動に対しての計算、記録、整理、管理などをやり、経営ときの現状の把握と未来予測ができるようになる技能で、簿記検定試験に合格すると買い取ることができます。

 

 

なんで、簿記が人気なのかというと、企業の業種を問わないからです。

 

ほとんどの企業はなんらかの形で経営活動を通しているので、簿記は必然的に必要とされます。

 

つまり、簿記検定試験にあたって簿記の技能を修得していれば、非常に広い選択肢を得ることができるのです。

 

 

社会人になると、嫌でも会社の基本である「コスト感覚」が必要となってきます。

 

コストをある程度意識しなければ会社は成り立ちませんし、企業の中で仕事はできません。

 

そういった意味では、簿記は社会人としての基盤を助ける技能といえるでしょう。

 

●テーマ

 

上がる簿記需要
簿記を身に付けるメリット
簿記検定試験とは
日本商工会議所 簿記検定
全国経理教育協会 簿記能力検定
全国商業高等学校協会 簿記実務検定
全国産業人能力開発団体連合会 簿記能力認定試験
最大の需要を誇る簿記検定試験
日商簿記4級
日商簿記3級
日商簿記2級
日商簿記1級
日商簿記、全経簿記 、全商簿記の等級比較
簿記検定試験の勉強法
簿記検定試験の学習計画
簿記検定試験を独学で学ぶ
簿記検定試験を専門学校・予備校で学ぶ
簿記検定試験を通信講座で学ぶ
簿記検定試験前の心得
簿記検定試験当日の心得
電卓を選ぶときの心得
簿記検定試験後の心得
簿記取得後の心得
税理士
公認会計士
不動産鑑定士、建設業経理事務士
FP、中小企業診断士
情報処理技術者、パソコン財務会計主任者
事務所で動くときのコツ
専門学校、通信講座の案内

 

 

簿記を身に付けるメリット

非常に需要が高まっている簿記という技能。

 

そのため、簿記検定試験を受験する人の数も、結構多くなってきています。

 

それに従い、簿記検定試験のハードルや倍率も高くなっているのですが、でも簿記を身に付けたいという人は後を絶ちません。

 

なぜなら、簿記には数多くのメリットが存在するからです。

 

 

簿記を身に付けるメリットには、ともかく社会人としての基盤を身に付けられるということがあります。

 

簿記の技能は、単純に帳簿を付けられるというだけではなく、それを身に付けている時点で、ふさわしい状況判断や適切な分析、洞察を見込めるという評価を得られるためです。

 

簿記はひとつの分野の技能ですが、その技能を身に付ける過程で、社会人として必要な能力をいくつも身に付ける必要があるということですね。

 

ある意味、社会人としての訓練を、簿記という技能を通して見込めるということになります。

 

 

また、簿記を身に付けることで、僕に対しての分析も正しくできるようになります。

 

分析力を磨くことで、自分の長所や短所、足りないもの、伸ばしたいものを自然と把握できるようになるのです。

 

そんなふうにつながると、社会人としての振舞い方や日頃の明かし方も、ある程度変わってきます。

 

素早く学生からおとなへと、精神的な成熟を迎える事ができるのです。

 

 

グングン、簿記の技能は、様々な職業の叩き台的ものになり得ます。

 

例えば、税理士や公認会計士といった資格を得たい人にとって、簿記の技能は必須です。

 

経営者として、会社を興したいという人も同様ですね。

 

様々な職業の基本となるのが、簿記なのです。

 

 

 

簿記検定試験とは

様々な職業や資格の基礎と変わる簿記という技能を身に付け、本当に資格として受け取るためには、簿記検定試験を受け、合格しなければなりません。

 

では、あんな簿記検定試験の概要を見ていきましょう。

 

 

簿記検定試験は、簿記に必要な基礎知識をはじめ、計算能力、実務能力、分析能力など、様々な能力を試験し、判定するための検定です。

 

簿記を本当にやれる力があるかどうかを確かめる試験ということになります。

 

 

簿記検定試験は複数の団体が実施してあり、それぞれに試験内容や試験会場、権威、ハードルなどが異なります。

 

基本的には、「日本商工会議所 簿記検定」「全国経理教育協会 簿記能力検定」「全国商業高等学校協会 簿記実務検定」「全国産業人能力開発団体連合会 簿記能力認定試験」の4つの簿記検定試験が存在しています。

 

どれを受験するかは、それぞれの検定の権威、ハードルなどを調べた上で判断すると良いでしょう。

 

基本的には、どの簿記検定を通しても簿記として必要な技能を試されるので、特に大きな違いがあるわけではありません。

 

 

また、それぞれの簿記検定には「等級」が設けられています。

 

1級から4級まであり、検定によっては3級までのものもあります。

 

等級は、それぞれハードルに応じた格付けがなされてあり、1級が最も苦しく、共々特に権威のある資格となります。

 

小売店の経営をしたい場合は4級、国家試験を受けたい場合は1級、等のように、それぞれの目的によって受験する等級を選ぶのが一般的です。

このページの先頭へ戻る