事務所で働く際の注意点

事務所で働く際の注意点

簿記検定試験で簿記の資格を取得し、もう一度その後、様々な資格の取得に成功した暁には、晴れて就職、転職ということになります。

 

職場となる可能性のある場所は、取得した資格の種類、等級によって変わってきますが、税理士や公認会計士といった資格を得た人は、税理士法人、会計事務所といった職場ではたらくことになるでしょう。

 

また、前もって企業に勤めていた人がこういった環境に転職するについても、近年それでは多く見受けられます。

 

 

税理士法人、会計事務所といった場所で動くメリットは、独立開業を視野に入れて動くことが出来るという点でしょう。

 

企業にいる場合は、その企業の中でしか働けません。

 

ですが、事務所等で仕事をしていれば、タイミングを見計らって独立することも可能です。

 

そうなると、収入面等は無論、人生における大きな意義を得ることになります。

 

 

こういった事務所で動く場合、必ず税理士等の資格を携帯している必要があるとは限りません。

 

その事務所、法人の方針次第です。

 

即戦力が欲しい事務所なら資格取得を条件にしますし、働きながら育て上げることをモットーにしている会社なら、資格の有無は問わないでしょう。

 

ただ、当然ながら大抵の事務所では、資格取得者が有利であり、優遇されます。

 

 

職場となる事務所、法人を突き止める際には、求人を探し出す必要があります。

 

その場合、簿記検定試験予備校の掲示板で探す方法が有効です。

 

また、簿記検定試験予備校の実施している合同就職説明会に参加するという方法もあります。

 

勿論、インターネットの求人サイトを利用する方法も有効ですが、予備校を通じて見いだすほうが一層フィルターにかけられてあり、望ましい職場に会える可能性は高いでしょう。

 

 

 

専門学校、通信講座の案内

簿記検定試験に合格する上で、やはり近道になる勉強方法は、何より予備校や専門学校への通学と言われています。

 

ただ、数あるそれらの学校の中から、どの学校を選ぶかによっても、その後の簿記検定試験に合格できるかどうかは、少なからず変わってきます。

 

できるだけなら、自分にとって相性の良い学校を選びたいものですね。

 

そこで、ここではそういう専門学校や予備校、また通信講座の紹介を通じていきます。

 

 

やはり有名な簿記の専門学校は、「資格の大原」こと「大原簿記学校」です。

 

数多くの資格に関する専門学校を構えている「学校法人大原学園」の中それでも、断然有名なのが大原簿記学校です。

 

簿記といえばこの学校、といっても過言ではなく、「全産簿記」に関しては、実質大原簿記学校の検定とさえいわれています。

 

その威力を考えると、通学するメリットは大きいといえるでしょう。

 

この他、「資格の学校TAC」「LEC東京リーガルマインド」「東京CPA専門学校」といった専門学校が有名です。

 

一方、予備校では「クレアール」「フォーサイト」などが有名です。

 

 

通信講座では、前もって「ユーキャン」の知名度が群を抜いているでしょう。

 

ユーキャンの名前はありとあらゆる資格取得において訊くことが多々ありますが、簿記に関してもそれは例外ではありません。

 

その他には、「DAI-X」等が有名です。

 

 

通信講座と専門学校の両方の部門を所持している学校もたくさんあります。

 

自分がどういう学習方法に向いているかをよく考えた上で、学習の環境を立てると良いでしょう。

このページの先頭へ戻る