失業の意味を知ろう

失業の意味を知ろう

近頃、マスメディアで『不況』の文字が使われない日はないというくらい、世界的不況は慢性状態になっています。

 

そういった中で、増加しているのが失業率。

 

職を失い路頭に迷う人が急増しています。

 

この状態から脱しない限り、景気が上向きになるという見通しは立たないでしょう。

 

ただ、それも当分先の話と言えそうです。

 

 

と、そんな物悲しい話題はともかくとして、そういった中けれども私たちは生きていかなくてはなりません。

 

今現在、ある程度の規模の会社に勤めている人も、いつ自分に失業という状態が巡るかわかったものではないのですから、頭のどこかでその時の覚悟を通しておいた方が良いでしょう。

 

その覚悟というのは、失業した時の身の振り方、処世術などを予めインプットしておく事です。

 

 

たとえば、失業保険。

 

失業保険を受給する事で、仮に無職状態でもややは収入源を失わずに済みます。

 

ただ、失業保険を受けるには、それなりの手順と資格が必要です。

 

意外と特に、失業している事が条件となります。

 

 

では、失業は具体的にどんなときの事をいうのでしょう。

 

ハローワークによると、その定義は3つ存在します。

 

ひとたび、会社や会社を退職し、現在無職事。

 

次に、就職しようとする明確な意思があり、心身共にいつでも就職が可能な状況である事。

 

最後に、仕事を積極的に探しているものの、内定も含め仕事先が見つかっていない事。

 

以上を全て満たしている場合、失業状態となります。

 

 

 

失業保険とは

失業状態に陥った時、何を一番心配するかといえば、当然今の生活を今後維持できるかどうかですね。

 

収入源が断たれてしまうわけですから、生活基盤の一番重要な部分を失ったに関してになります。

 

貯金があれば、その貯金を切り崩して行く事になるでしょう。

 

但し、貯金が潤沢にある人なら特に、そうでない人は長続きはしません。

 

もちろん市街地に住んでいる人は、ひと月でかなりの額の生活費が消費されます。

 

貯金だけで長く生活を維持できるという人は、全く稀でしょう。

 

 

失業保険は、そういったあなたの救済の為にある制度です。

 

基本的には、雇用保険の被保険者が失業状態に陥った際に、次の新規仕事を見い出し、再就職して生活を安定させる為の支援となります。

 

もう一度シンプルに説明すると、会社を辞めた時にできる一時手当です。

 

 

失業保険を受給するには、失業状態である必要があります。

 

従って、単純に会社を辞めた、というだけではもらえません。

 

先ず、仕事に就く明確な意思があるかどうかが重要です。

 

それがなければ、失業保険を受給する事はできません。

 

 

そういった失業保険には、4つの種類があります。

 

『求職者給付』、『雇用促進給付』、『就業促進給付』、『教育訓練給付』の4つです。

 

ここから再び枝分かれしています。

 

この中で一般的に失業保険と呼ばれる給付は、求職者給付の基本手当となります。

 

ただ、あくまで順当という事であって、全ての人がそれを得るわけではなく、それぞれの条件や環境によって給付される失業保険の種類が決定します。

 

 

 

失業保険をもらう前に

会社に勤めていて、雇用保険に加入していた人は、失業ら次の新天地を捜し出す意欲がある場合、失業保険を受け取る資格があります。

 

ただし、中にはその資格があるのに、ハローワークを訪れず、受け取る為の手続きを行わない人もいます。

 

しかも結構多いという話を聞きます。

 

その理由は大いに様々なようです。

 

 

先ず、失業保険の存在自体を知らない人がいるという点です。

 

失業保険という制度に関して、学校で名前くらいは聞いた事があるかもしれませんが、具体的な説明を延々と受けるは前もってないでしょう。

 

その為、知らない人が多いはある意味必然かもしれません。

 

通常は就職する際に知るものなのですが、契約書をしっかりと読まず、契約に関していまいち触れず、雇用保険に関しても無関心という人であれば、現に失業した際にも知らないに関しては普通に起こり得ます。

 

その為、失業保険を感じ取る以前の問題という状況になってしまう。

 

 

次に、ハローワークに行きたがらないに関してがあります。

 

失業保険の手当はハローワークで手続きを通して受け取れる事になりますが、失業後にハローワークに通う事を過剰に忌み嫌う人がいます。

 

自分が失業状態である事を周囲に知られたくない、あるいは自分自身認めたくないという心理が、再就職の象徴とも言えるハローワークというものを拒否して仕舞うのでしょう。

 

 

ただし、これらの理由の為に最大百万円以上にも達する失業保険手当を受け取らないというのは、どうしてももったいない話です。

 

まずは解る事、そして失業を恥と思わない事が、再就職の第一歩なのです。

このページの先頭へ戻る