失業保険の受給資格

失業保険の受給資格

基本的には、失業保険は受給条件を満たしていない限りは考える事はできません。

 

ただ、飽くまでも失業した人への支援なので、失業状態にある人には大きな適切限りは支給されるよう、その条件はくれぐれも高くはないように設定されています。

 

従って、自分がいただけるとは思わないと諦めず、それでは受給資格について詳しく知っておきましょう。

 

 

失業保険の受給資格について学ぶ場合、意外と雇用保険法に関して知っておくべき点があります。

 

法律を勉強する必要はありません。

 

2007年10月1日に改訂版が施行されたに関してだけ、では理解しておきましょう。

 

つまり、2007年10月1日以前の失業者と、以降の失業者まずは余程条件が異なるということです。

 

2007年に失業した人が今から手当を受け取りに行くについては先ずないでしょうが、失業保険に関して調べる場合に、その資料が2007年以前のものだと以前の方式を覚えて仕舞う事になるので、そこで注意が必要なのです。

 

 

では、2007年10月以降の失業保険受給資格についてみていきましょう。

 

一層、雇用保険に加入している事が条件となります。

 

基本手当を得るには、離職日以前の2年間で12ヶ月の被保険者期間が必須となります。

 

被保険者期間は、各月11日以上の賃金支払基礎日数、つまり賃金を払う対象の日が必要です。

 

とどのつまり、ひと月の3分の1以上をしっかり働いているかどうかという事ですね。

 

この条件を満たした場合、被保険者期間、すなわち雇用保険を払う義務が発生します。

 

 

 

失業保険の受給期間延長

離職の日から遡る事2年、その間被保険者期間が11日以上ある月が12ヶ月以上ある場合、失業保険の受給要件を満たしている事になります。

 

ただ、ここで注意が必要なのは、別の不可欠に関して満たしているかどうかです。

 

たとえば、失業状態であるという点ですね。

 

 

失業は、「仕事を失っている状態」ではなく、「仕事を失い、その後仕事を新たに見つけ出す意欲があり、また就職が直ちに可能な状態」です。

 

つまり、たとえ仕事を失っていても、労働意欲がなければ失業保険の受給対象にはなりません。

 

たとえば、定年退職した際、少し別の仕事はしないで休みたいという場合は、失業手当は出ません。

 

 

そうしてここからが重要ですが、意欲はあっても別の理由で直ちに再就職ができない人も、失業保険をすぐにはもらえません。

 

たとえば、病気療養中、大きな怪我をして自力歩行ができない、長時間の作業ができないなどという状態だと、失業保険を受給できないのです。

 

また、妊娠、出産、育児に関しても同様です。

 

こういった場合、その状態から変化し、就職する上で支障のない環境が整った時点で申請を行えば、失業保険手当を受け取れる事が可能となります。

 

従って、すぐにはもらえないけれど、もらえないわけではないという事ですね。

 

 

但し、この場合注意しておかないといけないのが受給期間です。

 

いくら就職可能な状態になったとしても、既に受給期間が切れていればもはや手当は受け取れません。

 

就職できない状態が長期間に及ぶ場合は、失業保険の受給期間の延長を申し出ておきましょう。

 

 

 

失業保険の受給申請の前に

制度を利用する場合、何事にも準備が必要であるように、失業保険手当を感じ取る場合も準備と手続きが必要です。

 

失業保険の手続き申請を行う場所は、ハローワークです。

 

ただ、どこにあるハローワークも良いというわけではありません。

 

所を管理区域としているハローワークへ赴く必要があります。

 

基本的には最寄のハローワークについてになりますが、今ひとつはっきりしない場合は、ハローワークのホームページから自分の住んでいる場所を管理しているハローワークを調べてみましょう。

 

 

ハローワークの受付時間は、平日の8時半~17時15分です。

 

土日祝日はお休みなので注意しておきましょう。

 

できればギリギリに行くより、ある程度時間に余裕を持ち歩いて行きましょう。

 

殊更16時以降はアルバイトを編み出す大学生なども頻繁に巡る為、いとも混み合います。

 

失業中であれば時間はある程度余裕があると思われるので、午前中か午後の早くが好ましいでしょう。

 

 

失業保険の申請を行うには、前もって求職申込書の提出が必要です。

 

とうに求職を経験してあり、ハローワークカードを持ち歩いている場合は問題ありませんが、ようやく利用する場合は、失業保険を受ける前にこの手続きが必要です。

 

失業の条件に『再就職を積極的に切望している』というものがありますが、それを満たす条件の一つとして良いでしょう。

 

また、ハローワークを利用する為の手続きと考えても良いでしょう。

 

いずれにせよ、この求職手続きが失業保険手当受給の第一歩となります。

このページの先頭へ戻る