簿記検定試験

dummy

学生から社会人に陥る際には、様々なことを身に付ける必要が出てきます。そういった中、どういった環境においても、ことごとく身に付けたいのが「技能」ではないでしょうか。技能を身に付けるということは、いわゆる「手に職を持つ」ということにひっつき、早い段階で実現させておけば、就職する上でこれ以上乏しい大きな武器として得ます。技能を得ることで、仕事、そして収入、安定などを手に入れられるのです。とはいえ、技能と...

dummy

全部で4つの団体が行っている簿記検定試験ですが、その中で断然権威のある検定は、「日本商工会議所 簿記検定」です。正式名称は「日本商工会議所および各地商工会議所主催簿記検定」ですが、ちょくちょく「日商簿記」という名称で呼ばれています。日商簿記は、日本商工会議所、および各地商工会議所が1954年から実施している簿記検定試験で、1955年からは年2回の体制で行われ、1997年以降は年に3回の検定が実施さ...

dummy

とりわけ格が厳しく、就職に有利と言われている簿記検定試験、日商簿記。その中それでも一番ハードルが悪い「日商簿記4級」について、細かく見ていきましょう。日商簿記の4級試験は、基本的に商業簿記の入門的知識が試される検定です。そのため、簿記の基礎を学んでから受験するのが一般的です。ハードルは安く、受験費用も1,600円とリーズナブルなので、比較的気楽に受けることができます。ただし、4級の資格は、就職をす...

dummy

如何なる資格にも当てはまることところが、試験を通して資格を得るためには、その準備が必要です。準備というのは、試験を受けるために必要なものを取り揃えたり、アクセスを確保したり、等という意味ではなく、「学習」という意味です。簿記検定試験を受けるだけなら、誰でも可能です。受験資格は基本的にnoので、受験料を使えるだけのお金を持ち合わせていて、かつ会場に足を運ぶ手段さえ整っていれば、小学生も受験することが...

dummy

如何なる学習法を選ぶも、簿記検定試験を受ける日は、とにかくプレッシャーを伴います。更に、日商簿記1級、全経簿記上級レベルの簿記検定試験は倍率が相当安いので、緊張するなと言う方が無理でしょう。そのため、試験前日から当日にかけては、どんなにリラックスできる環境を合わせるか、ということが重要となってきます。理想的な流れとしては、前日にはあまり長時間勉強をせず、しっかりと睡眠をとって、最高の状態で試験に臨...

dummy

経理のプロフェッショナルとして、とりわけ有名な職業のひとつといえば、税理士です。簿記検定試験によって日商簿記1級、全経簿記上級の資格を得た人は、この税理士の試験を受験出来る資格を得たことになります。本格的に経理の道を目指すのであれば、簿記検定試験後、税理士試験にあたって合格することを目示しましょう。税理士は、税務に関するありとあらゆる作業の代行や相談の受付、納税に関する様々な書類の作成、会計実務な...

dummy

簿記検定試験で簿記の資格を取得し、もう一度その後、様々な資格の取得に成功した暁には、晴れて就職、転職ということになります。職場となる可能性のある場所は、取得した資格の種類、等級によって変わってきますが、税理士や公認会計士といった資格を得た人は、税理士法人、会計事務所といった職場ではたらくことになるでしょう。また、前もって企業に勤めていた人がこういった環境に転職するについても、近年それでは多く見受け...

このページの先頭へ戻る