自己啓発とマナー

dummy

「自己啓発」と聞くと、如何なることを想像するでしょうか?「なぞうさんくさい宗教・・・?」なんて思っている人もいるかもしれません。自己啓発というのは、本当は誰でも普段の生活で少なからず行っていることなのです。「啓発」とは、どちらかといえば人に対して扱う言葉ですが、「自己啓発」となると、より高い認識力・理解力を自分自身に身に付けることを意味します。たとえば、 仕事で成果を出すために本を読んだり、仕事マ...

dummy

「仕事マナー」とは、さまざまな年代や経験年数の人間によって構成されている社会において、お互い賢くコミュニケーションをとって出向くために身に付ける“ルール”と言えます。仕事の社会においては、1人1人の人間が「会社の一員」として扱われます。たとえば、新入社員であっても、電話や来客ときの応対の際に、適切な挨拶や名刺交換がしっかりとできないと、会社全体の評価が落ちて仕舞うことになります。仕事マナーは、会社...

dummy

相手のことを思いながら気を配ることを、一般的に「心遣い」と言います。言葉についても「言い回し」というように、相手への配慮が必要なのです。言葉というのは、直接的にその人を表現します。話の内容が規則正しいとしても、思いやりの心が欠けていたり、ふさわしい言い回しができていなかったりすれば、社会人として一人前とは言えないと判断されるでしょう。会社シーンでは、それに対する言い回しがあって、その最たるものが「...

dummy

入社や転勤といった、新設人間関係の中に入る際には、最初に立ち向かう「自己紹介」がその人の第一印象を決めるカギとなります。そのため、会社マナーとして、自己紹介の基本を知っておく必要があるのです。まずは、相手の印象に残り易い自己紹介の仕方を紹介します。あなたの会社を向上させるための自己啓発として、とにかく頭に入れておいてください。自己紹介で、ボソッと名前だけを伝えても、あなたの顔と名前を誰も覚えてはく...

dummy

あなたは会社シーンでやりとりするメールが規則正しく書けますか?マナーとは、相手を気遣ったり、自分の立場をわきまえたり、始終相手の立場でメールを書くことを頭に入れておくと、会社マナーをちゃんと守ったメールが自然と記せるようになります。そのためには、自己啓発に取り組んで、規則正しいメールマナーを習得しておきましょう。メールの会社マナーについて最低限知っておくべきことは、ほんの少しのことです。基本的部分...

dummy

訪問や接客、接待の仕方によって会社の評価がまとまることもあります。自然振る舞いが出来るようになるには、自己啓発を通じてコツを習得し、ある程度の経験を重ねる必要があります。では、お客様を会議室や応接室などへご案内するときの接客マナーを紹介します。会議室や応接室などへお客様をご案内する際は、廊下やエレベーター、階段などを扱うことになるでしょう。相手の立場にずっと立って案内することを心がけましょう。案内...

dummy

ユーザーへの新年最初のご挨拶として、「年始回り」という習慣があります。その際に、手土産を持参するのですが、訪問者の多い会社まずは、ケーキが山のように集まってぐったりするとか・・・。いっそ、相手が喜んでもらえる手土産を持ち出したいものです。まずは、喜ばれる手土産の選び方や、それを譲り渡すタイミングについて説明します。相手とのコミュニケーションを深めるためには、自己啓発を行うことが大切ですが、相手のこ...

dummy

クライアントなどからのクレームに対して誤った対応をすると、甚大な被害を会社に及ぼしてしまうこともあります。そうならないように自己啓発を通して、その対応と仕事マナーをしっかりと身に付ける必要があります。では、クレームに対する施術と心構えを説明します。・商品に不具合があったり、指定日に届かなかったり、何か問題があったりした場合は、「それは会社の失敗だから、自分の責任ではない。」と言いたくなるでしょうが...

dummy

上司や同僚、部下と付き合って行く上で、共通の心構えとして心がけたいのが、“節度を守った付き合い”です。マナーを終始守り、意欲を保った関係を築くようにしましょう。節度を守った付き合いのポイントを寄せるので、自己啓発を通じて身に付けておきましょう。・上司の場合は当然のことだが、相手が何とか同期に入社した同僚や部下であったとしても、ビジネスマナーとして約束や時間を続けることは基本的ことです。・相手が後輩...

dummy

会社で外出する際にも、知っておきたいマナーや注意事項があります。外出するときの会社マナーを紹介するので、自己啓発に取り組んで下さい。外出する場合は、基本的に、机の上に何も置かれていない状態が原則です。会社に戻ってからおんなじ仕事を積み重ねる場合であっても、机の上はいったん整理しましょう。重要な書類を担当している場合は、最も注意が必要です。重要なものは机の引き出しなどにしまって置き、作業中のものは整...

このページの先頭へ戻る